英語スピーチ 例文 / 大学発表論文

論文テーマ「ダイエットと拒食症の相関性について / The Correlation about diet and anorexia」

私は●●(学科、専攻等)の〇〇(名前)と申します。今から「ダイエットと拒食症の相関性について」お話させていただきます。

I’m 〇〇 from ●●. Today, I want to talk about “The Correlation about diet and anorexia”.

女性なら誰しも「もっと痩せたい、スタイルよくなりたい」と思うのは当然でしょう。そして、多くの女性が何らかのダイエットを試したことがあるはずです。もちろん私も例外ではありません。しかし、私は以前ダイエットでとても怖い思いをしました。それは、極端な食事制限により、食事を受け付けなくなってしまったのです。今考えるとそれは拒食症の一歩手前だったと思っています。そこで、その経験も踏まえて、ダイエットが何故拒食症を招くのか、また、拒食症の恐ろしさについてお話いたします。

Every woman might have naturally wished to “be thinner or more slim”. And many of them may have tried some kind of diet. Of course, I’m not the exception. However, I had a very scary experience with diet. It was that because of an extreme diet restriction, my body rejected any food. When I think back now, I think I was at the verge of anorexia. So, with my own experience, I want to talk about why diet causes anorexia and how scary anorexia is.

ダイエットと聞いてすぐに思い浮かぶのは食事制限です。間食を我慢し食事の量を減らしたり、夕食を抜いたり…。そして食事制限によるダイエットをする人が多いのは食べないのが一番手っ取り早く、確実に痩せられるからに他なりません。1日何も食べなければ約1kg減るのが一般的です。そのため、痩せたい人は「食べなければ痩せられる」と思い込んでしまうのです。そして、これがダイエットにおいて最も危険な勘違いだといえるでしょう。

The first thing we imagine for diet is diet restriction. Stop eating snacks, reduce quantity of meal or just skip meal…. The reason many try diet with diet restriction is that not eating is the most simple and certain way to get thinner. Generally, if we don’t eat anything for a day, we lose about 1 kg. So people who want to get thin believe that they can “get thin by not eating”. And this is the most dangerous error in diet.

ここで懸念すべき点は、食べないことである程度体重が減り、周りから見てすでに痩せているにも関わらず「もっと痩せたい」という欲求が抑えられなくなること。私もそうでしたが、どれだけ痩せても「まだ太っている」と思いこんでしまい、すでに痩せすぎ状態であることに気付かないのです。私はこれが拒食症に陥るきっかけだと考えます。食べないことで痩せたわけですから、当然ですが食べること=太るという図式が頭の中に出来上がります。すると食べることに対する罪悪感、また、太ることへの恐怖感が異常に高まるという状態に陥ります。そして、食べても無理やり吐いたり、下剤を使ったりと何とかして食べた物を体外に排出したいという気持ちが抑えられなくなるのです。最初のうちは無理やり排出していても、やがて体が拒絶反応し、食べたら吐くという流れが出来上がってしまう…これが拒食症です。

What is dangerous here is that, once we lose certain weight by not eating, even though we did get thin, we can no longer stop the desire to “become even more thin”. I felt exactly in such way that however thin I became, I felt “I’m still fat” and couldn’t recognize that I was already too thin. I think this is the catalyst of anorexia. Since we became thin by not eating, the scheme of “eating=getting fat” is fixed in our head. It extremely increases the feeling of guilt to eat and the fear to get fat. That will make us throw up forcibly after eating or use purgative in order to get rid of what we’ve ate. At first, we force ourselves to egest but soon the body will react by its own and we automatically throw up after eating. This is anorexia.

また、人間の身体は長時間食事制限をすることで脳が空腹を感じにくくなると言われています。そうなるとあまり胃は使われなくなり、だんだんと縮小し、食べ物が入ってくると追い出そうとします。つまり、「食べたら太る」という気持ちだけではなく、実際に身体自体が食べ物を受け付けなくなってしまうわけです。

Also, when we restrict diet for a long time, it is said that the brain will become dull to hunger. In that case, stomach is no longer used often and becomes smaller so when there is food, it tries to get it out. That is to say, not only our belief think “eating=get fat” but our body actually refuses food.

拒食症は正式には「神経性無食欲症」と呼ばれる摂食障害に分類される疾患です。ただ食事量が減るだけではなく、心身共に深刻な弊害が出るのが特徴です。生きるための栄養が摂取できないわけですから、精神的には無気力、集中力低下、抑うつ、不安感、イライラなど、身体的には体温低下、無月経、不整脈、骨粗しょう症などが現れます。さらに重症化すると低栄養による感染症を発症し死に至ることもあり、その死亡率は6~7%。この非常に高い値を考えると、決して軽視してはいけない疾患なのではないでしょうか。

Anorexia, officially called “anorexia nervosa”, is a disease categorized into eating disorder. Its characteristic is that not only the quantity of intake reduces but also there are serious side-effects both mentally and physically. Since the patients can’t intake necessary nutrition to live on, it may cause various mental symptoms such as anemia, less concentration, depression, anxiety, irritation, and physical symptoms such as low body temperature, amenorrhea, arrhythmia and osteoporosis. When it becomes more serious, it can cause infection by low nutrition whose death rate is 6 to 7 %. With such high death rate, it is clear that this disease is something that shouldn’t be taken lightly.

もちろん、拒食症の原因はダイエットだけではなく、食事制限をしたすべての人が拒食症を発症するわけではありません。ただ、無理なダイエットが拒食症を招く引き金になることは間違いないと考えます。これだけ痩せている女性をキレイだともてはやす風潮が定着している現代社会では、痩せていることが美しさの象徴だと思われるのは仕方がないのかもしれません。しかし、私もあのまま食べない生活を続けていたら、拒食症になっていたかもしれないと思うと、今さらながら恐怖を感じます。たかがダイエットと侮らず、食べずに痩せることがどれだけ危険な行為であるか、また拒食症が心身に及ぼすダメージの大きさを十分理解することが大切だと考えます。そのうえで、自分に合ったダイエット法を見つける事ができれば、自分の望む本当の美しさが手に入ると信じています。

Of course, diet is not the only cause of anorexia and not all who did diet restriction become anorexia. However, I believe it is certain that extreme diet can trigger anorexia. In today’s society where thin women are praised as beautiful, it might be natural to think that being thin is the symbol of beauty. However, when I think back and imagine if I continued the life not eating, I might have ended up being anorexia and that makes me feel scary. It is important not to take it lightly as it’s just a diet but understand well how dangerous it is to get thin without eating and how large the damage of anorexia both mentally and physically. If you can find the way of diet that suits you, you can get the true beauty you believe in.

ご清聴ありがとうございました。
Thank you for listening.

英文レター例文1(日本語⇒英語に翻訳)

●●さんへ

お元気ですか。突然のお手紙、驚かせてしまってすみません。直接気持ちを伝える勇気がなくて…でもどうしても●●さんに気持ちを伝えたくてペンをとりました。

初めて出会ったのは新入社員歓迎会でした。一目見た瞬間から「素敵な人だな」と思っていた私はずっと●●さんが気になっていました。すると、お酒が飲めないのに周りからすすめられて、どうしていいのかわからず困っていた私を●●さんがかばってくれましたね。そのさりげない優しさが本当にうれしくて…胸の奥がきゅんとなったのを覚えています。

あの日から無意識にいつも●●さんの姿を目で追うようになりました。目が合っただけでドキドキしたり、お話できた日は1日中幸せな気持ちだったり…私の中で●●さんへの「好き」っていう気持ちがどんどん大きくなっていきました。

そして、今でも忘れられないのは去年の花火大会のこと。2人っきりではなかったけど、私にとっては●●さんとの初めてのお出かけ。何日も前から洋服を選んで、前の日はあまりの緊張でほとんど眠れませんでした。当日は思った以上に人が多くて、私はみんなに付いていくのがやっと…ふと周りを見ると、いつの間にかみんなとはぐれてしまって「このまま会えなかったらどうしよう」と不安でいっぱいだった時、人混みの中から●●さんが私を見つけてくれましたね。ホッとして思わず涙が出そうになったけどあの時、「よかった…」と微笑む●●さんを見ながらずっとそばにいたい…と強く思いました。

誰に対しても相手の目をまっすぐに見て話をする誠実なところも常に冷静沈着なのに、時々子供みたいに無邪気に笑うところも大好きです。

●●さん、不器用で迷子になってしまうドジな私ですが、よかったらお付き合いしてもらえませんか?

お返事お待ちしてます。

〇〇

(引用:http://letter.294p.com/?page_id=89 )


英語翻訳

Dear ●●,

How are you? Thank you for reading this. I’m sorry to make you surprised with this letter. I just couldn’t have enough courage to tell you in person… so I decided to write you a letter.

We met at the Newcomers’ Welcoming party. At the first sight, I found you attractive so I always cared you. When people around me was trying to talk me into drinking alcohol though I can’t drink at all, you covered me. Your natural kindness made me so happy… I remember I felt my heart beat faster.

Since that day, I started to search you unconsciously. When you look at me, it made my heart beat faster and talking with you made me happy for a whole day… My feeling for you grew stronger and stronger.

And the unforgettable Firework of the last year. Though we weren’t alone, it was the first time for me to go out with you. I selected my clothes few days before and could hardly sleep the night before. There were more people than we expected and all I could was to follow everyone…. and when I realized, I was alone a part from everyone. I was so worried that I won’t be able to find them, and then you found me out of the crowd. I was so relieved that I almost cried but when I saw you saying “I’m assured…” with smile, I felt strongly that I want to be at your side forever.

I love the sincere way you talk while looking straight in the eyes and the way you laugh like a child even though you have always the presence of mind.

●●, I know I’m kind of clumsy but will you be my boyfriend?

I’m waiting for your reply.

Regards,
〇〇